業務案内 建築物飲料水給水館洗浄・貯水槽清掃
きれいな水を守るために万全を尽します。
建築物飲料水給水館洗浄・貯水槽清掃

建築物の環境衛生上の維持管理を行う事業者が、その業務を適切に遂行できるよう、資質の向上を図ることを目的として設けられている制度です。この厳しい知事登録を行うには機械・器具その他(物的要件)、業務に従事する者の資格・従事者教育(人的要件)が一定の基準を満たしていなければならず、登録業者であることは、その技術・技能・知識の高さを公的に証明するものです。

水質検査

ビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)による特定建築物で、貯水槽により飲料水を供給する場合は遊離残留塩素の検査を7日以内に1回、水質検査を6ヶ月以内に1回、貯水槽の清掃を1年以内ごとに1回、定期的に行うことを義務付けています。

排水設備

建築内からの廃水は、他を汚染することなく支障なく公共下水道等へ排除することを目的としています。このため、廃水槽、排水ポンプ、その他廃水に関する設備は6ヶ月に1回、定期的に清掃することが定められています。


貯水槽清掃

残留塩素のチェック

 

株式会社ビルメン鹿児島